ゆるゆるトラベルダイアリー

ゆるゆるトラベルダイアリー

徳島生まれのへたれ男2人がゆる~く全国を巡るブログです。旅行プランを考える時の参考にどうぞ。訪問先では以下の決まりを必ず守ります。 1.観光地を回る  2.ご当地グルメを食べる  3.ご当地温泉に入る  4.一泊する(基本はテント泊)

滋賀旅行の行程まとめ

今回の滋賀旅行(3月30〜31日)の内容をまとめました!

1.ルートの確認

オレンジ線⇒1日目ルート

みずいろ線⇒2日目ルート

f:id:yuruyurutraveldiary:20190331211251j:image県南エリア中心に、琵琶湖を挟んで西へ東へ移動しました!

 

今回の旅行では琵琶湖大橋を使って琵琶湖の上を走る貴重な体験をしました。

 

キャンプ地から北上して、ぐるっと琵琶湖を一周するルートでも面白かったかも!

2.タイムテーブル

以下が実際の旅行のタイムテーブルです!予定を組む時の参考にどうぞ!

f:id:yuruyurutraveldiary:20190331211256j:plain

1日目の三井寺力餅本家⇒ダイニングOKAKIのルートは短かったので徒歩(15分)で向かいました。

 

当然ダイニングOKAKIさんから延暦寺まで行くのに、一度車を取りに行く過程を挟むので、徒歩(15分)+車(25分)の計40分が移動時間がかかりました。

 

2日目の「彦根城⇒八幡掘」「八幡堀⇒湖舟」のルートは渋滞していて、予定していた到着時間より遅れてしまいました。

 

下の図を見ても、八幡堀⇒湖舟のルートは慢性的に渋滞するようなので、ここを通る際は余裕を持った時間設定をしておいたほうが良いでしょう。

f:id:yuruyurutraveldiary:20190331212039j:image

出典:滋賀国道事務所

3.訪問先の情報

訪問先の情報です。

f:id:yuruyurutraveldiary:20190403163622j:image

比叡山延暦寺は東塔・西塔&横川の地区が季節によって巡拝時間が異なるので気を付けましょう。(どちらも16時前後で閉堂します。ご注意を!)

HPはこちら:

www.hieizan.or.jp

 

彦根城の観光では彦根城玄宮園を見られる800円チケットと3ヵ所を回れる共通チケット1200円があります。ひこにゃんのステージは無料で見ることができました。

 

湯元館では温泉だけの利用の場合、利用可能な時間が11:00~21:30までなので気を付けましょう。

 

比良げんき村は電話をして仮予約した後、FAXか郵送で送られてくる申請書を記入する必要があるので、必ず事前に連絡をとってくださいね。

4.滋賀旅行の費用(1人あたり)

滋賀旅行でかかった費用は以下の通りです!

  • 食 費:4860円
  • 観光費:2160円
  • 宿泊費:540円
  • 入浴費:2000円
  • 交通費:11422円(2人で22844円)
  • その他:557円

 合計:21539円

駐車場代は「交通費」に含めています。

 

今までの旅行に比べると少し割高な旅行になってしまいました。

 

近江牛を食べたり、豪華な旅館の温泉を利用したりと羽振りをきかせたのが要因でしょう。

 

その分充実した旅行だったので文句はないです!

5.進捗状況

緑色に塗りつぶされた都道府県は訪問済みです。

f:id:yuruyurutraveldiary:20190331223835j:image

今回で訪問した県は7つ目ということで、残るは40都道府県になりました!

 

端数を終わらせることができて少し満足するとともに、まだまだ全国制覇の先は長いぞと気が引き締まる思いになります!

 

以上が今回の旅行の内容でした!参考にしていただけたら幸いです!

 

NEXT TRIP ⤵

yuruyurutraveldiary.hatenablog.jp